So-net無料ブログ作成
検索選択

a Piece of Love [歌詞]

真夏の瞳 眩しすぎるほど
 
濡れた白いシャツ 心は見えない
 
何時も強がりな 君が ぼんやりと
 
海を見てるから 頬ずえもつけない
 
友達のままで 季節が過ぎてゆく
 
ジリジリしながら.........
 
 
 
君は a Piece of Love
 
パズルのかけら 心に 隠してる
 
いつまでも 始まらない
 
LoveSongが 唄えない
 
a Piece of Love
 
寂しがりやで 素直にもなれくて
 
擦れ違い 傷ついて
 
強がるほど 愛しくて
 
泣いてる.........
 
 
 
 
 
気がつけば 銀の波は オレンジ
 
君の足下に とどかなくなって
 
未だ Kiss もせず むしろ近くなる
 
微笑みに ふれた.........
 
 
 
君は a Piece of Love
 
最後の一つ 何処かに忘れてる
 
このままじゃ 始まらない
 
想い出にも かなわない
 
a Piece of Love
 
素直な言葉 心から溢れてる
 
聞こえるよ 新しいLoveSongを奏でたい
 
くちびる..........
 
 
 
 
 

君は a Piece of Love
 
パズルのかけら 心に 隠してる
 
いつまでも 始まらない
 
LoveSongが 唄えない
 
a Piece of Love
 
寂しがりやで 素直にもなれくて
 
擦れ違い 傷ついて
 
強がるほど 愛しくて
 
泣いてる.........
 
 
 
A Piece of Love.........
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「a Piece of Love」 ~ピカソ~
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ふと口ずさんだ曲。
それは遠い昔の思い出の曲。
中学の時を思い出し、苦笑い。
懐かしくてちょっと切なくて・・・。
少しだけ優しくなれた気がした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。